車買取 手続き

車査定から車売却まで手続きの流れと必要書類

中古車売却の手続きの流れと必要書類を解説します。

解説中の女性

 

中古車の車種や年式、車の状態、査定交渉の仕方によっては予想以上に高く売れる事があります。もし家計簿を付けている方なら大きな収入になるので、喜びで手が震えるくらいうれしい出来事かもしれませんね。

 

大きなお金が関係することですので、少しでも査定額を高くする交渉をするともに、しっかりと手順や手続きの流れを事前に確認しておく必要があると思います。

 

ここではそんな中古車売却の手順における手続き、必要書類について解説していきたいと思います。

 

中古車売却の手続きの流れ

車買取一括査定に申込み

車買取一括査定サイトは複数の買取り業者の査定概算額を一度に比較できます。完全無料でなので、気軽に申し込んで下さい。買取り額に納得がいかない場合はもちろん、断ればいいんです。
>>車買取一括査定サイトの一覧はこちら
 ↓

査定概算額の一覧が提示

複数の買取り業者の査定概算額を一度に比較できます。
登録完了後に複数の買取り候補店からメールや電話がきます。次々と電話がかかってくると困るという方には車買取一括査定サイトランキングの第1位で紹介している「Goo買取」がおすすめです。Goo買取は簡単入力で買取候補店の一覧が多数表示された中から、あなた好みの買取会社を選んでオンライン無料査定を依頼します。このとき初めて電話番号を入力するので1社ずつ電話対応や出張査定をお願いしたい場合は、おすすめです。 

無料出張査定の書類を用意

車買取候補店からメールや電話だけでは、査定額は確定しません。どこの車買取店でも必ず出張査定で車の状態を細かくチェックします。出張査定時の必要書類は次の2つです。
1.車検証(八王子市の車検証を紛失した場合、神奈川運輸支局(横浜市都筑区)で再発行が必要)
2.自賠責保険証明書(紛失した場合、保険会社にて再発行手続きをして下さい)
 ↓

無料の出張査定・売却商談

車買取店は実際のクルマの車外の傷や劣化状態、車内やボンネットの中まで細かく目を通してから査定額を提示します。このとき1円でも高く売りたいと思ったら、少しでも高く売るための7つのコツを参考までに読んでみて下さい。
 ↓

成約

車買取会社と商談の後、金額に合意したら契約書にサインと実印を捺印して必要書類を車買取会社へ渡せば成約です。
契約時に必要書類は以下の6つです。
1.車検査証
2.自賠責保険証明書
3.自動車納税証明書
4.譲渡証明書(車買取店が用意したものにサインするだけ)
5.リサイクル券
6.「実印」と印鑑登録証明書
※リサイクル券を紛失した場合は、「自動車リサイクルシステム」のホームページで印刷できる「自動車リサイクル料金の預託状況」が証明の代わりとなります。
 ↓

各種手続き(車買取会社が実施)

車買取会社が、あなたの愛車と必要書類を持ち帰った後の数日後に、あなたの口座に買取り額を振り込みます。名義変更等の各種手続きも車買取会社が行ってくれます。
 ↓

売却完了

愛車の売却が完了となります。

 

 

車買取一括査定サイトならスマホや自宅のパソコンで愛車の買取り額をカンタンに比較できて、無料出張査定から契約まで自宅で出来てしまいます。つまり、車買取一括査定サイトなら完全無料で自宅で全て出来てしまうので、車買取では、車買取一括査定サイトを使うことが完全に主流になっています。
↓↓完全無料カンタン登録の査定サイトはクリック↓↓
>>車買取一括査定サイトのランキングはこちら