車買取 比較

車買取,下取り,オークションの比較で一番高く売る方法と7つのコツ

車買取で一番高く売る方法は、やはりたくさんの車買取会社の査定額を比較しながら交渉する方法です。

解説中の女性

 

でも、初めて愛車の売却や買い替えを経験する方にとっては、具体的にどうやって比較して交渉するべきか、分からないですよね?

 

特に交渉が苦手な人や優しい人は、車買取業者がしつこく契約を迫ってきたら、どうやって断ろうとか。いろいろ不安ですよね(;´Д`)

 

車買取店の営業マンは、
「中古車の価格は下がり続けるので、明日になると保証できない」
「この価格より高い査定は、他社では出ません」
などなど、今すぐ買い取りたいのでリスク要因を強調しながら積極的にセールストークをしてきます。

 

私自身は5回ほど車買取の経験がありますが、車買取店の営業マンの印象は、リスク部分を強調したり、とても積極的な人は多くいるけど、威圧的な営業マンはいない、と言うか一度も会ったことがありません。

 

なので、車買取は7つのコツを頭に入れて充分な想定をしておけば、売却価格の相場の中でも比較的高い金額で売れます。

 

そんな車買取初心者の方や価格交渉が苦手な人のために、クルマを高く売るコツを7つにまとめてみましたので参考にして下さい。

 

トラブル多いオークションよりも比較サイトで車を高く売る方法と7つのコツ

 

1.ディーラーよりも車買取店が高く売れる可能性が高い

車の状態が極端に悪い場合を除いて、通常はディーラーよりも車買取専門店の方が圧倒的に高く売れます。

 

その理由は、ディーラーが「新車を売るのが仕事」に対して、車買取専門店は「中古車の売買が仕事」だからです。ディーラーは自分の新車が次々と生産されてくるので、それを売る事に必死です。

 

それに対して車買取店は、買い取った車が全て売れてしまうと在庫が無くなってしまうため、ニーズのある中古車を買いたいと考えています。車種によっては在庫が無くなってしまうと車買取店は必死に車を買おうとします。これが買取店によって、価格差が予想以上に大きくなる要因になっています。

 

2.買取価格の相場の情報を把握

車買取専門店のほうが金額のメリットはあっても、車の売買が一箇所で済む手間と時間を考えるとディーラーでの下取りが良い、と思う人もいるでしょう。

 

その場合、知っておくべき情報は、中古車下取りの売却価格の相場です。
インターネットで相場を把握する方法は、2つあります。
1つ目は、調べたい愛車の車種、年式(2016年など)をネットの検索窓に打ち込むと、細かい条件別の相場一覧が出てきます。細かい条件というには、車のボディーカラーや走行距離によって相場が変わるためです。
相場結果を教えてくれるサイトによっては、結局、細かい条件を全て入力しないと相場価格が表示されないサービスもあります。そうであれば、いっそのこと
2つ目として、こちらの車買取一括査定サービス おすすめランキングの第1位で紹介している「Goo買取」なら、まずはメールのみ電話番号の入力ナシで、あなたの愛車の売却相場をカンタンに把握できます。
Goo買取は『簡単入力で買取候補店の一覧が多数表示されます。その中から好みの買取会社を選んでオンライン無料査定を依頼』するものですが、ディーラーでの下取りを考えているならオンライン無料査定は2〜3社で止めておけばいいんです。

 

車買取一括査定サイトの口コミでは【良い評判】として『下取りに比べて数十万以上、買取価格がアップした』『自分が想定していたよりもずっと高く売れた』という内容に対して【悪い評判】では『買取業者からの電話が沢山掛かってきて対応が大変だった』という内容です。電話での連絡対応さえクリアできれば一括査定サービスって良い事ばかりになりますね。電話対応の対策として、こちらの車買取一括査定サイト おすすめランキングの第1位で紹介している「Goo買取」がおすすめです。Goo買取は『簡単入力で買取候補店の一覧が多数表示された中から好みの買取会社を選んでオンライン無料査定を依頼』するので、選んだ1社からしか電話での連絡がきません。その1社に納得できない場合は、別のもう1社を選べば良いです。

 

ディーラーに中古車を下取りしてもらうメリットは、新車購入のついでの場合には「ついで」なので中古車買取り査定の時間を短縮できる事です。デメリットは、ディーラー1社との価格相談になるので、見積比較がない分、ディーラー1社の言い値になってしまいます。
なので注意点としては「中古車を高く買い取ってくれると喜んでいたら、実は新車の値引き額が少なかったり」することもあるので、注意しましょう。

 

3.オークションよりも評判の良い買取業者を見積比較しよう

中古車の7割以上はカーオークションと呼ばれる車買取業者のみが参加できる中古車市場で売買されています。個人は参加できないので代行業者に代行手数料を払うことになってしまいます。それにオークション落札額に納得できずにキャンセルすると多額のキャンセル料金を請求されることもあるので注意が必要です。ヤフオクと呼ばれるヤフーオークションなどのネットオークションでは個人が少ない手数料で車を売買できますが、トラブルが多いようです。素人同士の売買の場合、中古車を売った直後に発生した故障や不具合への対応、ネットオークションで落札した直後のキャンセルなどを巡ってトラブルが多いので完全無料車買取一括査定サイトの利用がベストです。

 

車を高く売るには、複数の見積を比較することが必要です。比較競争により査定額が上がっていくので納得いくまで比較する必要があります。

 

私自身も経験しましたが、車買取店やディーラーを見積比較のためにいくつも廻るって大変です。ディーラーの営業マンも売上ノルマを達成するために必死ですから、見積を確認できてもすぐには帰れません。ガリバー・ビッグモーター・アップル・カーセブン・ユーポス・ラビット・カーチスなどの車買取専門店でも見積もり比較のためにいくつも廻るって想像以上に大変です(;´Д`)

 

なので、見積り比較のための比較サイトとして、上記の通り評判の良い、こちらの完全無料車買取一括査定サイト おすすめランキングを利用すれば自宅に居ながら、見積比較できて楽チンです。おすすめランキングでは、全国200社以上から最大10社の査定額が分かるズバット車買取比較かんたん車査定ガイド、大手リクルートが運営しているカーセンサー動かない車や事故車対応シェアNO1のタウとそれぞれに特徴と人気があって定番の大手で安心な車買取一括査定サイトを紹介しているので迷ったらいくつか登録して利用しながら比較してみて下さい。

 

4.実際の査定時に注意すべきポイント・評価する項目

車買取専門店の実際に店舗を中古車で訪問すれば、査定専門員が実際の車を目視しながら査定します。

 

車買取一括査定サイトを利用する場合でも、ネットで簡単な申込をして概算額の比較の後に、車買取専門店の査定能力の高い営業マンが無料出張査定で実際の車を目視しながら評価する項目ごとに正確に査定します。評価する項目は、主に外観、内観、走行距離、エンジン廻り、エンジンオイル交換などのメンテナンス整備の頻度です。

 

このとき、査定金額もそれぞれ店舗によって違うように、査定にくる担当者も対応の良さや積極性に違いがあることに注意しましょう。

 

査定担当者が、嫌な対応だったら高額査定であっても売りたくない、断りたいって思いますよね? そんなときのためにも、常に2社以上を比較することが大事なポイントです。

 

例えば、A社の対応が最悪だが査定額が最高であっても、神対応で査定額は2番手のB社にお願いしようって思うこともありますよね。

 

実際に複数査定をしてもらうと買取りの値段が予想以上にしますので査定も、少なくとも2社、できれば3社以上に無料の出張査定を依頼して査定額を比較するようにしましょう。

 

5.査定額の相談方法とコツ

値上げの交渉は難しいと感じる方もいるかと思いますので他社で出た見積金額を伝えて素直に一番の高額で買い取ってくれないかどうかを相談するつもりで話を進める事がストレスも無くよいかもしれません。

 

・価格交渉ではなく、『価格の相談』と考えて車買取を楽しみましょう。
・「今すぐ決めてください」では決めないで2社以上に依頼してから決めよう。
・相手はプロなので嘘をついて交渉などせず事実で素直に相談

 

以上、3点が注意点であり、ストレスなく、高く売るためのコツになります。

 

車買取を経験している人や価格交渉をストレスなく出来そうな人は入札方式の査定比較にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

 

入札方式とは、同じ日の同じ時間帯に、あえて複数の横須賀市の車買取専門店の営業担当者を呼んで、中古車の説明・買取価格のヒアリングを一度に済ませる方法です。

 

買取価格のヒアリングを行う場合は、営業担当者の名刺の裏に買取金額を書いて貰うと売主自身がメモを取らずに金額の確認ができるので楽チンです。

 

この入札方式の場合のメリットは、短時間で最高額を引き出せるという点です。

 

注意点やデメリットとしては、中古車の説明やヒアリングから落札業者決定までの時間帯が長すぎると「車買取専門店の営業マン達が近所でたむろしたり雑談を始めるので、近所迷惑になる」。  入札実施までの準備日程が短かったり、入札時間帯が短すぎると「入札に間に合わない業者がいくつも出てきて調整が大変」といったところです。入札実施は予告の1週間以上先が良いです。中古車の現状説明やヒアリングから落札業者決定までの時間帯は1〜2時間程度が良さそうです。

 

6.高価売却が可能な車の乗り方と特徴、評価方法

車の綺麗さは、高額査定ポイントのひとつと言われます。無料出張査定を受ける時には、愛車をピカピカの状態にしておいてください。査定担当も人間なので、その時の印象が査定額の評価に影響します。

 

年式や修復歴などの他に、外装も内装も細かいところまで掃除が行き届いているかメンテナンスをきちんとされているのかどうか、を査定会社は評価します。
車のタバコ臭がないような乗り方や、シートを汚さないようにカバーを付けて乗るなど工夫が必要です。

 

ただし、査定直前に有償修理は止めておきましょう。その理由は、いずれの車買取専門店は自社の整備工場を持っていたり、提携している整備会社があるので、あなたが払う修理代金よりも、はるかに安く修理できてしまいます。なので、査定直前に有償修理をするくらいなら、査定後の高価買取り価格の比較・相談に注力した方がいいですよ。

 

7.高く売れる車種や色・走行距離

中古車で高く買い取られるのは、新車でも人気の車種が多いですが、ハイブリッドカーやコンパクトカーや軽自動車の白やシルバーは中古車でも比較的安定した人気があるようです。

 

走行距離は、1年間で1万kmを目安として、それより多いか少ないかという点が査定でのポイントになります。つまり、5年で3万kmだと「短い」ので高価買取りが期待できる、7万kmだと「やや長い」ので高価買取りが出るかは、その車種の需要タイミングと車買取店次第となります。

 

10万km以上は日本では「かなり長い」という印象なので低い査定額となるかもしれませんが、最近はエンジン性能も高まっているので10万km走った程度で壊れることはありません。20万km以上走っても問題なく使用できる車も多くあります。特に海外の人は走行距離を日本人のようには気にしないので、走行距離が10万kmを超えている日本車でも人気です。

 

日本では人気の無い車や走行距離が長くても「海外で人気がある」という場合には、海外にネットワークを持つ大手の車買取店が高価買取りしてくれます。

 

車買取店では、買い取った車が全て売れてしまうと在庫が無くなってしまうため、ニーズのある中古車を高く買いたいと考えています。車種毎に特定の色が売れやすいというのは店舗毎に異なるため、在庫が無くなってしまうと車買取店は必死に車を高く買おうとします。

 

なので、新車の人気度合いや走行距離だけで相場を予想するのではなく、こちらの完全無料車買取一括査定サイト ランキングを利用すれば自宅に居ながら、相場が分かって楽チンです。

↓↓完全無料の車買取一括査定サイトはボタンをクリック↓↓
車買取一括査定サイトはこちら